本文へスキップ

よしの保育園は東京都青梅市にある、自然環境に恵まれた保育園です。

よしの保育園入園にあたって

園長から

目標イメージ

四季折々、季節の変化に直接触れることができ、新鮮な空気と緑の山々に囲まれ、園の前は広々としたグランド、本園は乳幼児が生活するには絶好の自然環境に恵まれたところにあります。山紫水明、今や豊かな自然の中で生活できることが最高のぜいたくであるとさえ言われる時代になりました。本園は居ながらにしてそれが満たされ、私達はそこで乳幼児の保育ができることは願ってもない幸せなことと感謝し、これは天が与えてくれた賜物として大事に生かしていかねばと思います。  
 本園の歴史は古く、その基(もとい)は戦前の農繁期の季節託児所から出発し、やがて日々の保育要望が高まり、昭和27年4月即清寺の宗教事業の一環として『宗教法人梅郷保育園』として開園し、昭和47年4月に『社会福祉法人よしの保育園』に名称変更し、現在に至っています。
 さて、小学校に入る前の乳幼児の年代は、その後の人間形成に大きな影響を及ぼす大切な時期です。家庭と協力し合い、個性を大切にして心の豊かな、次代に大きく羽ばたく子どもを育てる保育園でありたいと思います。  
 これをまず念頭に置き、次のことを日常生活の中で養っていきたいと思います。


根本の教え

目標イメージ

1、四恩の教え(*1)を尊ぶ。
2、和顔愛語の精神を養い、 人を愛し愛され
  物の命を大切にする。
3、布施の精神(*2)を養い、人の心の痛
  みのわかる心を育てる。
4、座禅の精神から、苦しい事にも負けない
  強い心を育てる。


*1)しおんのおしえ:①命を与えてくれた両親の恩
          ②命を支えてくれる自然の恵みの恩
          ③生活を支えてくれる地域社会の恩
          ④見守ってくださる仏様の恩
*2)ふせのせいしん:お互いに助け合い、困っている人には喜んで自分のものを分ける 
  ことができる優しさのこと。

以上が『人が人として生きていくうえでの根本の教え』を旨とし、前途豊かな青少年に育まれるように、各年齢別に即したカリキュラムを組み専念しております。


開示情報


「事業報告」詳しくはこちらより





    




information

よしの保育園

〒198-0064
青梅市柚木町2-312-1
TEL.0428-76-0809
FAX.0428-76-2828